KOHAKU BIO TECHNOLOGY yamano GROUP

KOHAKU BIO TECHNOLOGY yamano GROUP

COMPANY 会社概要

企業理念

琥珀を通して人を幸せにする

経営戦略

琥珀の高い付加価値を世界に広める

『大学発ベンチャー』~医療分野への可能性

当社は研究開発型企業として「琥珀の有効性」に着目。琥珀の中には1万以上の成分が含まれており、有効成分から「健康」「長寿」「医療」「美容」など生活のあらゆる場面から、琥珀のもつ神秘の力と無限の可能性を世界に発信していきます。
今後、中期3ヵ年計画として機能性食品という領域を軸に「アライアンス事業」を展開していく戦略です。
筑波大学内の中央研究所では医療分野に視野を広げ、食品、繊維、医薬部外品、医薬品へと領域拡大することで、巨大な市場への参入を視野に入れていきます。提携先企業とアライアンスすることで琥珀エキスの提供、そしてライセンス契約及びコンサルティングによる安定した高収益を目指します。
「研究開発事業」「琥珀マーケティング事業」「アライアンス事業」の3面展開を推進することで、事業領域と事業規模の拡大を実現し事業成長を図っていきます。

会社概要

社名
琥珀バイオテクノロジー株式会社
所在地
〈本店・中央研究所〉
〒305-0006 茨城県つくば市天王台1丁目1-1
筑波大学 産学リエゾン共同研究センター301
TEL:029-853-7963
FAX:029-853-6672

〈代々木オフィス〉
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-30-7
ヤマノ24ビル
TEL:03-3375-8000
FAX:03-3375-2476

創業
2005年4月1日
設立
2017年2月24日
決算期
11月末日(年1回)
事業内容
琥珀研究・開発事業
アライアンス事業
琥珀マーケティング事業
取引銀行
北陸銀行新宿支店

役員紹介

代表取締役社長
山野 幹夫
取締役
山本 卓也(中央研究所 所長・筑波大学 教授)
取締役
小材 直由(アライアンス事業部・琥珀マーケティング事業部)
監査役(社外)
新居 靖久(新居靖久税理士事務所 税理士)
共同研究パートナー
坂本 和一(筑波大学 准教授)

沿革

2002年
琥珀研究所を設立し琥珀の研究開発を開始
2004年
理化学研究所との琥珀の研究開発を開始
2005年
株式会社クラブヤマノフェイシャルガーデン創業
2011年
株式会社クラブヤマノフェイシャルガーデン
コスメティクス設立
2013年
株式会社琥珀研究所byヤマノ設立
(吸収合併により社名変更)
2014年
本店・研究所
和光理研インキュベーションプラザに移転

筑波大学大学院生命環境科学研究科
坂本和一准教授との共同研究を開始
2017年
琥珀バイオテクノロジー株式会社を設立
筑波大学発ベンチャーとして大学内に本店登記
中央研究所を設置

琥珀バイオテクノロジーは特許の琥珀抽出技術およびその成分を活用した商品開発など、より多くのお客さまに琥珀の力を届ける取り組みにご賛同・ご協力していただけるパートナーを募集しています。
少しでも興味をお持ちいただけましたら、当サイト内お問い合わせページより、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら