KOHAKU BIO TECHNOLOGY yamano GROUP

KOHAKU BIO TECHNOLOGY yamano GROUP

COMPANY 会社概要

企業理念

琥珀を通して人を幸せにする

経営戦略

持続可能な社会実現に向けて、健康長寿の長期的な取り組みをいたします。研究開発型企業として「琥珀の生理生体活性の有効性」に着目。琥珀の有効成分から、高血糖など健康長寿を阻害する様々な因子から体を守る作用とその作用メカニズムに関する研究に着手。中期3カ年計画として機能性認可を軸とした「ヘルスケア事業」、美容特許取得済の琥珀エキス及び琥珀微粒子パウダーを活用した「ビューティケア事業」を展開し、筑波大学との共同研究のもと、セルフメディケーションを主眼とした「健康長寿事業」を展開していく戦略です。琥珀経済圏を視野に入れた多様なパートナーとの連携によってライセンス及びコンサルティングによる安定した高収益を目指します。 私たちの使命は、社会から必要とされる企業として成長し、その成果をすべてのステークホルダーと共有し、世界中の皆様に健康長寿を全うしていただき生活の質に貢献することです。

ヘルスケア事業

険医療問題や食生活の変化による生活習慣病、そして特殊ウイルスによる環境変化に対応する持続可能な開発を推進していきます。琥珀健寿エキスの生理活性の有効性を確認し、琥珀エキスに含まれる機能成分を用いた商品開発をしています。生活習慣病関連の商品開発に加えて、健康長寿を損なう様々な因子から身体を守る商品の機能性認可をすすめています。食品、繊維、医薬部外品、医薬品へ領域拡大することで巨大な市場への参入を視野に入れていきます。

ビューティケア事業

「琥珀」に秘められた5千万年の生命力を美容に活かしていきます。20年以上に及ぶ研究の多くが琥珀に秘められたアンチエイジング効果の解明です。琥珀のアンチエイジング効果は美容に活かされています。当社が開発した琥珀エキス及び琥珀微粒子パウダーの抽出技術と化粧品への配合により、肌本来の美しさに着目したエイジングケア化粧品をはじめとしたラインナップをご提供しています。 日本はもちろん、シンガポールをはじめとしたアジア圏でシェアを獲得しています。

健康長寿事業

超高齢化社会が加速し、平均寿命も伸びています。その中で大事なことは自分の健康を自分で護ることであり、元気で健康な日々を過ごす「健康寿命」を伸ばすことが必要とされます。健康長寿事業では、筑波大学と共同したバイオテクノロジーを駆使した研究に特化し、身近な課題である生活習慣病に対しての研究、新型エキスの開発、効能効果を特定する成分同定を行っています。 また近年は地球規模で急速な開発が進んでおり、 それに伴い、新たなウイルスの出現や環境破壊など、 人類にとって未経験の健康問題に直面することが増えています。そのような環境変化から中期戦略として「外部・内部の両面から襲いかかる体調変化の元」から体を護るための商品の許認可を目指しており、世界中の人々が健康で豊かな生活に貢献するための研究と開発をすすめています。

経営戦略

琥珀バイオテクノロジー株式会社による琥珀研究の歴史は、そのまま世界の琥珀研究の歴史と重なると言っても過言ではありません。
2002年に現在の琥珀バイオテクノロジー株式会社の前身である「琥珀研究所」を設立すると2003年には独自の琥珀加工技術により開発したコハクパウダー配合化粧品(のちに特許取得)とマッサージを組み合わせた琥珀美容法を発表しました。
2004年にはさらなる進化を求め、理化学研究所との共同研究を開始。
琥珀の肌への効能に着目し、より効果的に琥珀の力を引き出すための研究により、コハクエキス®リペア(RE)、コハクエキス®グロウ(GR)、コハクエキス®ホワイト(WH)といった技術の特許を次々と取得するに至りました。
さらに、2014年より筑波大学と「琥珀の力を活用した健康食品・機能性食品」等の健康分野に関する研究を開始しました。
私たち琥珀バイオテクノロジー株式会社のミッション、それは「琥珀に含まれている約10,000種類もの成分を解明していくこと。」琥珀の研究技術により未知なる可能性を広げ、私たちの企業理念である「琥珀を通して人を幸せにする」を実現してまいります。

研究開発メッセージ

健康長寿社会実現のために私たちは「琥珀エキス」及び「琥珀微粒子パウダー」の研究を進めております。昨今、新型ウイルスの流行により私たちの生活にも大きな影響を及ぼしておりますが、冷静沈着にセルフメディケーションを実行し、世の中に役立つ研究を継続していきます。現在は血糖値領域と中期的には免疫領域での特許取得を目指しております。私たちは琥珀の可能性を信じています。

近藤 恵二(こんどう けいじ)

研究顧問 博士(農学)
キリンホールディングス(株)において、食品から医薬の幅広い分野で研究開発に従事。特に、食品の健康機能性研究には20年超取り組み、基礎研究から商品開発、成果の権利化・実用化、学術マーケティングを経験。2013年からは執行役員として、研究所長やR&D本部副本部長などを務め、研究開発マネジメントや新規事業プロジェクトを主導。現在は、研究開発コンサルタントとして、企業の研究開発を支援。東京農業大学非常勤講師。

会社概要

社 名
琥珀バイオテクノロジー株式会社
所在地
〈本店・中央研究所〉
(筑波大学内)
〒305-8572 茨城県つくば市天王台1丁目1-1
TEL:029-853-7482
FAX:029-853-7482
会社外観 〈東京オフィス〉
〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-30-14
天翔 代々木ANNEXビル
TEL:03-3375-8000
FAX:03-3375-8001
URL:https://kohaku-bio.com
創 業
2005年4月1日
設 立
2017年2月24日
決算期
11月末日(年1回)
事業内容
琥珀研究・開発事業
アライアンス事業
琥珀マーケティング事業
取引銀行
三井住友銀行
北陸銀行

役員紹介

代表取締役CEO
山野 幹夫
常務取締役
小材 直由
(アライアンス事業・琥珀マーケティング事業)
取 締 役
五十嵐 則夫
(中央研究所所長)
監査役
横山 淳一
研究顧問
近藤 恵二
博士(農学)
顧 問
上野 亨

小材 直由(こざい なおよし)

琥珀バイオテクノロジー株式会社 常務取締役
Face Plus by Yamano AsiaPacific Pte.Ltd. Director
株式会社 琥珀肌 社外取締役

■生年月日:

1969年 1月29日生

■略 歴:

1991年 4月
大正製薬株式会社入社
2012年 4月
株式会社クラブヤマノフェイシャルガーデン
コスメティクス入社 営業本部本部長
2013年 6月
株式会社琥珀研究所byヤマノ 事業部長
2016年12月
株式会社琥珀肌 社外取締役(現任)
2017年 2月
琥珀バイオテクノロジー株式会社 取締役
2018年12月
FacePlus by Yamano AsiaPacific Pte.Ltd. Director
2020年 2月
琥珀バイオテクノロジー株式会社
常務取締役(現任)

五十嵐 則夫(いがらし のりお)

琥珀バイオテクノロジー株式会社 取締役
中央研究所 所長

■生年月日:

1949年 7月7日生

■略 歴:

1979年 8月
株式会社ヤマノビューティケミカル 入社
2009年
株式会社ヤマノビューティメイト 執行役員
2010年
株式会社ヤマノビューティケミカル 取締役
ヤマノ美容研究所 所長
株式会社ジャパンヘルス&ビューティ 取締役
株式会社コハクビューティー 取締役
2013年 9月
株式会社クラブヤマノフェイシャルガーデン
コスメティクス 取締役
2015年11月
株式会社ヤマノビューティケミカル
代表取締役社長
2018年 6月
株式会社ヤマノビューティケミカル
取締役副会長
2020年 4月
琥珀バイオテクノロジー株式会社
取締役(現任)

沿革

2002年
  • 琥珀研究所を設立し琥珀の研究開発を開始
2004年
  • 理化学研究所との琥珀の研究開発を開始
2005年
  • 株式会社クラブヤマノフェイシャルガーデン創業
2011年
  • 株式会社クラブヤマノフェイシャルガーデン
    コスメティクス設立
2013年
  • 株式会社琥珀研究所byヤマノ設立
    (吸収合併により社名変更)
2014年
  • 本店・研究所を和光理研インキュベーションプラザに移転
  • 筑波大学大学院生命環境科学研究科
    坂本和一准教授との共同研究を開始
  • 平成25年度補正「中小企業・小規模事業者ものづくり・
    商業・サービス革新事業」補助金採択
2017年
  • 2月24日 琥珀バイオテクノロジー株式会社を設立
  • 筑波大学発ベンチャーとして大学内に本店登記
    中央研究所を設置
  • 琥珀抽出物の糖質の分解・吸収を抑制する効果を発見
2018年
  • 琥珀抽出物の脂肪の分解を促進する効果を発見
  • 琥珀抽出物の血圧上昇を抑制する効果を発見
  • 株式会社ヤマノビューティメイトグループ関連会社が
    保有する「琥珀」に関するすべての知財(特許、商標)を
    琥珀バイオテクノロジー株式会社に集約
2019年
  • 琥珀抽出物の脂肪分解を促進する効果に関する特許取得
    「グリセロール放出促進剤(特許第6534500号)」
  • 琥珀抽出物の血圧上昇を抑制する効果に関する特許取得
    「アンジオテンシンI変換酵素活性阻害剤(特許第6548797号)」
  • 琥珀抽出物の糖質の吸収を抑制する効果に関する特許取得
    「グルコース吸収抑制剤(特許第6601860号)」
  • 琥珀抽出物の糖質の分解を抑制する効果に関する特許取得
    「α-グルコシダーゼ活性抑制剤(特許第6599652号)」
  • 中国に向け東京メトロポリタンテレビジョン(TOKYO MX)と共同で、
    新時代マーケティングである「ライブコマース」にて販売を開始
2020年
  • TOKYO MXとの「ライブコマース」での販売が好評につき
    淘宝でアリババ出資のBabytree宝宝樹からの販売規模を大幅拡大
  • 関西国際空港での販売を開始/li>
2021年
  • 越境ECのアリババグループ開設のBtoCのECサイトのショッピングモール『天猫(Tmall)国際』、中国発SNS型 ECアプリ『小紅書』(RED BOOK)、ネット販売サイト『京東商城』(ジンドン JD.com)にyamanoの旗艦店を設け、世界No.8国営航空会社、東方国際グループの東方国際香港が運営
  • 琥珀抽出物の血圧調整効果を海外にも広めるため、米国及び欧州にも特許出願。※こちらの特許は既に日本国内で権利化しております。米国出願番号17/056887 欧州出願番号19845974.5※日本国内での登録番号 第6548797号
  • スイス バーゼル社学術雑誌『molecules』に琥珀エキスの『脂肪分解促進効果』と琥珀エキスが『ホルモン感受性レパーゼを活性化し脂肪を分解するメカニズム』の論文掲載。琥珀エキス学術発表者『坂本和一教授、山野幹夫、他当社研究者』
2022年
  • 「歯茎がコラーゲンでできている」ことに着目した、歯周ポケットケア効果のある琥珀エキスを開発、健康寿命を大きく左右する「口内環境」を乱す入り口となる歯周ポケットの発生を妨げることにより、口内の健康を保持(特許出願中:特願2022-10503)
  • 『黄金のキッチン』が、琥珀エキス入り、クロワッサンやピッツア及びドリンク等、琥珀食品をメニューに川崎チッタ屋上で8月オープン、ドンペリの生産者でルイ・ヴィトンの会社「モエ・エ・シャンドン社」のCHANDONと共に、天地2.2mの『琥珀バイオテクノロジー』のBigバナーを多数展示
  • 琥珀エキス入り健康美容ドリンク『コラーゲンプロテイン』と『『ホワイトアミノ』約10万本が完成、9月中旬から東南アジア最大級のECプラットフォーム Lazada(ラザダ)等で販売予定

琥珀バイオテクノロジーは特許の琥珀抽出技術およびその成分を活用した商品開発など、より多くのお客さまに琥珀の力を届ける取り組みにご賛同・ご協力していただけるパートナーを募集しています。
少しでも興味をお持ちいただけましたら、当サイト内お問い合わせページより、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら